C'5 チッタが仕掛けるキュレーションパーティー!

チッタが仕掛けるキュレーションパーティー!

「CITTA’」「CLUB」「CULTURE」「CREATIVE」「COMMUNITY」の“5つのC”を取って命名された本イベント『C’5』は、“時代のムーヴメントを創り出すキーパーソンやカルチャーに敏感な大人達が集まる社交場”をコンセプトに、多彩な企画とゲストを迎えてお送りするキュレーションパーティーとして、2017年5月からスタートし、3ヶ月ごとに開催しています。

 

最新情報は公式Facebookへ

C' 5 vol.8 テーマ:LGBTと音楽
英ロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの人生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットし、2018年公開作品興行収入ランキング第1位を獲得した今。フレディ自身が苦悩していたLGBT/セクシャル・マイノリティ(性的少数派)としての生き方にも注目が集まっている。

そんなおり、「アジア初の同性婚合法国家となるか?」と期待された台湾では、同法案が否決されるという事件が。一方、ここ日本では「国民の78.4%が同性婚に賛成」という調査結果が出ても、それを支援する体制は進まず、カミングアウトに抵抗を感じる層も多い。そんな2019年を生きる我々は、どうすべきか?
音楽で考えてみよう!

国際的なLGBT 歴史月間にあたる2月に開催される次回、C’5 vol.8は、音楽情報サイト「bmr」編集長を務める評論家/編集者で、ジャンルを超えた知識の深さから奇才と呼ばれる“丸屋九兵衛”をゲストに迎えます。
本人もバイセクシャル(LGBTのB)である丸屋九兵衛が、“LGBTと音楽”をテーマに1950年代から現在に至るまでの「セクシャル・マイノリティとポップカルチャーとの関わり」を、ゲイ・アンセム/LGBT SONGと呼ばれる楽曲やミュージシャンたちのエピソードを交えながら紹介いたします。

トークショウの後にはLGBT SONGを中心としたDJ PARTYを開催!!
本イベントのために、アジア随一のLGBT先進国である台湾からDJ Noodlesが特別来日! 本人もレズビアン(LGBTのL)であるDJ Noodlesは、台湾音楽シーンの重要人物。盟友・丸屋九兵衛とのトークも披露?!
また、LGBTシーンと不思議な縁があるDJ JundipperとBIBIY GERODELLE、東雲、Sasha B Savannahの3名のドラァグクイーンも参加し、パーティタイムを華やかに盛り上げます!!
こんなメンツでお届けする、LGBTと音楽の歴史をひも解く一夜限りのスペシャル企画。是非、お楽しみください。
日時 2019/2/22(金) 19:00~24:00
会場 BAR A'TTIC(クラブチッタ2F)
入場料 2,000円(1ドリンク付き)
※事前申込制(定員に達し次第しめきり)
※再入場可 ※20歳以上
企画・制作 株式会社キノミュージック
協力 InterFM897

参加お申込みフォームへ


Guests

丸屋九兵衛(QB Maruya)

QBこと丸屋九兵衛(まるや きゅうべえ)は、音楽情報サイト『bmr』の編集長を務める音楽評論家/トーカー/SF評論家/世界史ダークサイダーにして、Mr.スポックも認めた「プロフェッショナル・ナード」。 Inter FMにて自身の冠番組『モンゴリアン・デスロック』を持っていた他、FM NORTH WAVE、J-WAVEなどなど様々なラジオにコメンテーターとして出演。「丸屋九兵衛トークライブ Q-B-CONTINUED」を主軸に、「Soul Food Assassins」、「Rethink World:マイノリティ・リポート」など、比類なき知識と過剰な情報量を活かしたハードコアなトークイベントを、ほぼ毎月ペースで開催している。
興味があるジャンルは音楽、世界史、映画、宗教、アステカ帝国、模型、タトゥー、料理、メタル、ルチャ・リブレ、科学、カンフー、戦闘機、SF/ファンタジー、架空の言語、神話、コスプレ、幻覚剤、特撮、RPG、同性愛、異性愛、同志愛、異星愛……等々。

DJ Noodles

2006年のDMC台湾大会チャンピオン。DMC史上、初の女性ファイナリスト。DMC世界大会、同年13位。ブラック・アイド・ピーズ台北公演オープニングDJ。DJ・Qバート、DJ Kentaro、DJ・ジャジー・ジェフ、DJ・プレミア、ノーティ・バイ・ネイチャーらと共演し、スティーヴ青木やディプロらダンス・ミュージックの革命家たちともステージを共にしてきた。2005年にはEMI台湾から“Girls Dem Sugar”というミックス・アルバムをリリース。台湾チャートでトップ10に入るヒットとなり、台湾のクラブシーンがダンスホール・レゲエを本格的に受け入れるきっかけとなった。2006年から国際的な活動を志向し、イギリス、スイス、日本、中国など、さまざまな国に招かれてDJすることになる。2010年から2012年には、さらなるビッグステップとして、東京、大阪、ソウル、シドニー、メルボルン、香港、北京、バリ、ジャカルタ等の著名なクラブでパフォームしている。また、Yahooの広告にフィーチャーされ、 その広告は、台北、ニューヨーク、ロサンゼルスのストリートに掲げられた。

DJ Jundipper

95年からDJ JUN!?としてキャリアをスタートさせ、DJとしてだけでなく、ドメスティックブランドのモデルやファッションショー、洋服のデザインやMC等、マルチなタレントとして活動を展開してきた。DJスタイルは、HIP HOP、HOUSE、ROCK等ジャンルレスな選曲で、特に踊らすことに重点をおいたPLAYが人気を集め、CLUB以外にもカーショウや海外ブランドのレセプションパーティー等々、積極的にDJとしての活動の場を広げていく。更に、最近ではアーティストのプロデュースや楽曲制作も開始し、音楽家としての追及もより深くしている。 様々な文化に影響を受け取り入れて来た彼は、オリジナルカルチャーを体現する、希少価値のあるカルチャー人として無限の可能性に挑戦し続ける。

BIBIY GERODELLE

クールセクシーグラマラス!日本初演となったジェロームベルの舞台「Gala」ではドラァグクイーンとして出演。 自身ではゲイカルチャーにフォーカスしたダンスイベントBALL(ボール)や、フェティッシ、サイバーパンク、ネオ東京をコンセプトにしたテクノイベントDR.DRAG(ドクタードラァグ)、ビヨンセ楽曲、ビヨンセショーオンリーのBEYONCE NIGHTといったイベントを手掛ける他、都内クラブでゴーゴー、ホステス、MC、イベント制作、運営等を中心に活動中。衣装やウィッグ制作、映像編集にいたるまで、マルチにこなしている。

東雲

2008年デビュー
東京を中心にclubシーンで活躍
【music video】米倉年紀、浜崎あゆみ
【映画】クソ野郎と美しき世界
など出演。

Sasha B Savannah

歌姫ビヨンセをリスペクトして誕生したパフォーマー、ドラァグクイーン。
2010年に活動を開始し、各種イベントや多数メディア、映画出演など、幅広く活躍中。

サバンナという名に負けず劣らずのパワフルでダイナミックなパフォーマンスは常にオーディエンスを魅了し続ける。

Archive

過去の開催実績

Vol.7 2018/11/30 ~緊縛とアート~
Vol.6 2018/8/31 ~新・昭和歌謡の時代~
Vol.5 2018/5/25 ~1st Anniversary~
Vol.4 2018/2/23 ~90年代・渋谷のデザインと音楽~
Vol.3 2017/11/24 ~Culture of Hip Hop~
Vol.2 2017/8/25 ~キース・へリング ナイト~
Vol.1 2017/5/26 

Credit

チッタ エンタテイメント C'5 PROJECT

TEL 044-233-1934(平日10:00~18:30)
MAIL wakai@citta-ent.co.jp