ニュースリリースNEWS RELEASE

2018年10月

【カワハロ通信vol.3】ダイバーシティ編

誰もが参加できる「カワサキ ハロウィン2018」
参加条件はたった1つ!“仮装して自力で会場に来れる人”

障がい、年齢、人種、LGBTなどの個性を尊重し、全ての人が生き生きと暮らせる環境づくりを推進している川崎市。
日本最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン」は「見る」「参加する」「運営する」と障がい者も多角的に参加する希少イベントです。

見  る:カワハロ史上初!車いす利用者の方がゆっくりパレードを見られる観覧席を設置
参加する:ダウン症メンバーが活躍する地元ダンスチーム「ダンスラボラトリー」の初参加が決定
運営する:“ピープルデザイン川崎プロジェクト”の一環として当日のお手伝いなどをしていただく予定

障がい者の方々が当たり前に楽しめる場として過度のケアはせず、当たり前に楽しむための場として緊急時に対応できる体制を整えております。

プレス受付はこちら
関連ページはこちら
PDFファイルはこちら