第14回はいさいFESTA2017

エイサー

「はいさいFESTA」の華、 エイサー。
エイサーの最後はもちろん観客入り乱れて大カチャーシー!10組のエイサー団体が日替わりで登場!! “オーラセー(喧嘩エイサー)”にも注目!
はいさいFESTA常連2組の舞弦鼓と和光青年会によるオーラセーを5/6(土)限定披露!

日程
5/3(水祝)~5/7(日)
会場
チネチッタ通り

3日(水祝)

4日(木祝)

5日(金)

6日(土)

舞弦鼓×和光青年会によるオーラセー(喧嘩エイサー)をこの日限りの限定披露!

7日(日)

野外フリーライブ

音楽の宝庫‘沖縄’!
新旧沖縄ポップスから伝統の民謡、三線、演舞まで沖縄出身のアーティストが大集結!!

日程
5/3(水)~5/7(日)
時間
11:00~20:00
会場
中央噴水広場
アレーナチッタ特設ステージ(フットサルコート内)

★ スペシャルステージ ★

3日(水祝)

7!!

4日(木祝)

5日(金)

6日(土)

7日(日)

ラインナップ

3日(水祝)

イチャリバーズ

ワールドBEATな民謡アレンジとPOPでメロディアスなオリジナル三線曲。
二胡に持ち替えての叙情的なサウンドから会場が一体となるカチャーシーで観客参加型、体感型のライブで盛り上げます。

ズケヤマセイラ(ずっと、トモダチ)

ROCKバンド「ずっと、トモダチ」のギターボーカル。
ソロでとしての活動を始める。
切ない歌、心に響く歌、をモットーに活動中!

グラスール

沖縄popデュオのグラスール。
音楽活動の傍ら、俳優、声優、司会を経て現在、人を幸せに、そして元気にする音楽を目指して活動中!

琉球民謡登川流関東支部

琉球民謡登川流関東支部は、沖縄民謡最大の流派「登川流」の関東拠点。
宗家登川誠仁が生み出した、跳ねるようにリズミカルな演奏をお楽しみ下さい。

宮里英克

那覇市出身、20代に三線片手にアジアを旅し、三線の音色が人々を魅了する力を確信し唄者の道を歩み始める。ラジオパーソナリティー、 NHKドラマでの三線指導、東京フィルハーモニーコンサートゲスト出演など活動の幅を広げている。

どぅしんちゃーず×増田めぐみ

どぅしんちゃーず…『タケ』&『キヨ』男性2人の唄三線ユニット。
バンド名は沖縄の方言を入れて「友達いっぱい」という意味。
増田めぐみは石垣島にて八重山古典民謡の教師免許を取得。
第8回小浜節大会チャンピオンでもある

照屋三線ファミリー

唄三線のお稽古をしている照屋寛正師匠と愉快な仲間達♪
姉妹エイサーグループ「ティンガーラ」とも活動している。

4日(木祝)

岡村聡士

様々なジャンルの音楽と意外なうちなーぐちをミックスした個性的な楽曲が特徴。
藤井フミヤ氏等への楽曲提供や三線奏者としてのレコーディング参加など活動の幅は広く、2015年11月には初フルアルバム「イルマンチャー」を全国発売。

the sheep

2011年に沖縄で結成。2012年auオキナワミュージックグランプリを受賞するなど沖縄の若手バンドシーンを牽引。
11月には渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンも成功させた。「アイ」のカップリング曲「きっと大丈夫」は「リクルートゼクシィ相談カウンター沖縄」のCMソングとしてオンエアー中。

green note coaster

2010年結成。県内メディアからも注目を集めこれまで2枚のアルバムを発表し、オリオンビールCM、ブルーシールアイスクリームCMなどで多くの楽曲が採用されている。
2017年からは東京に拠点を移し、より幅広い活動を目指す。 

伊良皆髙吉研究所(沖縄音楽三線教室)

沖縄県指定無形文化財 八重山古典民謡技能保持者 伊良皆高吉主宰 沖縄音楽三線教室。
三線や太鼓・笛など沖縄古来の楽器を用いて、八重山地方の古典音楽を中心に情感溢れる島々の唄をお届けします。

阿波連本流・啓扇明峯の会

那覇市首里に本部を構え、初代家元の代より大正・昭和・平成と3代にわたり 川崎市を中心に沖縄の伝統芸能の普及発展に努め県内イベントやチャリテイー公演に参加しております。

多良間好竜

沖縄県石垣島出身。2016年1月に自身初となる1st MINI ALBUM「なみだあめ」をリリース。
現在、山梨県を中心に県内外にて精力的に活動中。

5日(金)

SOUTH

南の小さな島『沖縄』から、日本中、世界中へHAPPYなメッセージを届けたい!そんな想いからSOUTH (サウス)が誕生!
SOUTHの持ち味である【沖縄・レゲエ・POP】を詰め込んだライブパフォーマンスは、場所や年齢を問わず、老若男女、沢山のオーディエンスを、笑いあり涙ありのSOUTHワールドへと導き、現在も日本各地を席巻中! 

カワミツサヤカ

沖縄県石垣市出身。路上ライブを経て、2011年にソロデビューアルバム「心の歩幅」をリリース。
2016年10月、念願の渋谷BYGでワンマンライブを行い、初のアコースティックアルバム「赤いギター」をリリース。 

永山尚太

沖縄県那覇市出身。映画『ニライカナイからの手紙』主題歌『太陽(てぃだ)ぬ花』で歌手デビュー。
その後、上地等(BEGIN)のプロデュースでメジャーデビューを果たす。独特の質感を持つ真っすぐな歌声で、聴く人を魅了する。

ヤンバラー宮城

沖縄出身のバンド「ザ・レキオ」のギターボーカルとしてメジャーデビュー。
2014年3月に「ヤンバラー宮城」としてソロ活動を開始。2016年6月には故郷、沖縄県国頭村の観光大使第一号に任命。
トークや音楽の中に沖縄の空気感が満載。全てを巻き込むハートフルでソウルフルな力強いライブパフォーマンスは圧巻!

知念榮琉球民謡研究所

知念榮琉球民謡研究所が所属の琉球民謡協会は、今年創立60周年を迎え、関東支部は創立30周年。
11月5日に練馬文化センター大ホールで記念公演「島唄の響き」を開催。
沖縄県外では3名しかいない最高師範の称号を持つ知念榮と門下生が、琉球民謡とカチャーシーで、今年もはいさいフェスタを盛り上げます。

ヒルギ×小野寺のりふみ

voヒルギは2003年ソロデビュー。翌年10万人に1人が罹る難病「脳幹脳炎」にかかり音楽活動休止。
2012年上京時にギタリスト小野寺のりふみに出会い2014年より【ヒルギ×小野寺のりふみ】として関東中心にライブ活動を展開中。今年4月全国デビュー決定!

6日(土)

トレモノ

沖縄県石垣島出身の4ピースバンド。
2013年タワーレコード主催オーディションにてグランプリを獲得し全国デビュー。
これまでSUMMER SONIC、GREENROOM FESTIVAL、New Acoustic Campなど全国各地のフェスにも出演するなどアイランドポップバンド。

The Man Ray

大学時代の同級生だったメンバーを中心に2014年結成。
00年代ガレージロック・リバイバルの影響も色濃いサウンド、ディストピアな価値観から書かれるリリック、クールな中にも熱いブルースを感じるライヴスタイルが魅力の都内在住の5人組ロックバンド。

YAASUU

過去、オリオンビアフェスタへの出演や日本航空の機内チャンネル放送にタイアップ、2017年にはGACKT主演映画「カーラヌカン」にアーティストとして主演。
2stアルバムが今年5月には全国タワーレコード、HMVにて発売を開始。
現在、東京を拠点に活動中

ストライクカンパニー

沖縄県石垣島出身の先輩後輩2人組バンド。
石垣島の先輩後輩だった2人が、お互いの作る楽曲に惚れ込み東京で結成。
ROCK、POP、様々なジャンルの音楽を独自のセンスでチャンプルー。
結成以降は都内を中心にライブハウス、カフェ、沖縄居酒屋と様々な場所で活動。
2017年4月にNewアルバムを発売予定

ヘンザンタカヒロ

沖縄県石垣島出身。ロックバンド『ノーズウォーターズ』のベーシスト。
2012年からソロとしての活動を開始し、個人名義による1stアルバム『春色バラッド』をリリース。
アグレッシブなのに温かいベースの音と、優しい歌声は会場を魅了する。

Anly

スキマスイッチとのコラボシングル「この闇を照らす光のむこうに」でも話題。
風光明媚な伊江島出身シンガーソングライター“Anly”
メジャー1stアルバム「anly one」を4月26日にリリース。

琉球音楽名渡山絃友会

1967年川崎市に発足。名渡山兼一会主指導のもと、琉球古典音楽・琉球民謡の研鑽を重ね、川崎市を拠点に国内外で演奏活動を続けています。

7日(日)

てびちバンド

沖縄芸人が集まって結成したバンド「てびちバンド」。
オリオンリーグの玉代勢直・堀川剛、わちゃコ、そして「沖縄国際映画祭」PR隊長などを務める宮川たま子がメンバーとなり、お笑いと音楽を混ぜたコミックバンドです。

ナシル

7月7日生まれ 首里出身のシンガーソングライター。
ラジオパーソナリティー・司会など、その活動は多岐にわたる。
2012年7月YOSHIMOTO RandC レーベルから島袋優氏(BEGIN)プロデュースによる「君という名の未来へ/うつぐみ」全国発売しメジャーデビュー。

5th Elements

沖縄出身。2011年結成。人の心に響き渡る歌声で優しく包み込む「YU(ユウ)」本場アメリカの血を持ちシルキーな歌声で魅了する「A-RA(アーラ)」2人組ヴォーカルグループ。
ウェディングジュエリー「ケイ・ウノ」、「琉大進学塾」、沖縄テレビCMソングに起用されるなど、沖縄を中心にメディアやCMでも活躍の場を広げる。今後注目のアーティスト。

カミヤタスク

2016年よりシンガーソングライター《カミヤタスク》として本格的にソロ活動をスタート。
はいさいFESTA、OKINAWAまつりといった関東最大級の沖縄イベントに出演。同年5月には1st Single【 世界一の女 】をリリースし、「八王子Short Film映画祭」出品作品の主題歌にも選ばれる。

結-YUI-

BEGIN「オジー自慢のオリオンビール」ドラマーとしてレコーディング参加。 2016年元旦アーティスト名を「結-YUI-」に改名。
「無性に聴きたくなるクリスタルボイス」で関東、沖縄を中心に全国各地を廻り活動している。

DJ SASA feat.世持桜&桃南

DJ歴約25年。沖縄関連CDを数多くリリースしており"沖縄おみやげCDのパイオニア"と称される。
2012年から渡嘉敷島の観光大使に任命される。

桃南

沖縄県那覇市出身。幼少時からクラシック、ピンクフロイド、浅川マキ、ブラッサンスなどをジャンルレスで聴く家庭環境で育つ。
私の歌は沖縄へのラブレター」というコンセプトで琉球シャンソンという独自のスタイルを創作する。

世持桜

1992年(平成4年)沖縄県石垣市白保出身の八重山民謡唄者。主に関東をメインに活動している。

LISA OKI

2015年5月に音楽活動を本格化すべく沖縄から上京。
上京してからは全国各地で音楽活動をしつつ、かわさきFMレインボータウンFMにてラジオパーソナリティも務める。