クリスタル・ワールドCrystal World

数億年、数千万年--。
気が遠くなるような太古の昔、地球に生息した三葉虫やアンモナイト、恐竜たちの化石。地球が長い年月をかけて造り出した水晶、黄鉄鉱、蛍石など、美しい結晶鉱物。40億年前の宇宙から飛来してきた隕石。それらを手に取り、地球の不思議を感じてください。
これらの石を利用して作ったアクセサリーから、初心者からコレクター、研究者の方までご満足いただける化石、鉱物の標本まで、様々な石の魅力に時間が経つのを忘れてしまうかも?!
Arrow Prev Arrow Next

ニュース

≪2017年2月のおすすめPART2!≫~地球上の酸素の生みの親~

・原核生物シアノバクテリア(ストロマトライト)¥2,000
年代:先カンブリア紀~古原生代(16~27億年前)
産地:ボリビア

シアノバクテリアは細胞内に核をもたない原核生物で他のバクテリアと違い、葉緑素(クロロフィル)をもち光合成をする。
先カンブリア紀(27億年前)に出現し地球上で初めて光合成をし、酸素をもたらしたといわれている。
現在、生命が地球上で生息できるのはこのおかげと言える。
縞模様は炭酸塩などを含む泥や表面に付着した堆積物が積み重なり層になったものであり、この層から日周期や年周期が読み取れる。
太古の1日の時間の長さが現在の時間より短かったとも言われていて、地球の自転の速度が現在よりも早かったと推測されている。


~約90%の銅を含む鉱物~
・赤銅鉱(キュープライト)¥6,300
産地:ロシア

赤や赤褐色などの銅の酸化鉱物で、およそ90%の銅を含むので銅の原料として非常に重要とされている。
美しい8面体などの結晶が魅力的でライトを当てると赤みを帯びたりもする。
結晶面はダイヤモンドや金属のような光沢があり、磨いて宝石として扱わることもある。


~光り輝く細かい結晶~
・コバルトカルサイト ¥5,000
産地:コンゴ

コバルトの成分を含んだピンクや紫色をした方解石で、モロッコやコンゴで産出される。
とくに今回入ってきたコバルトカルサイトは良品で、とても鮮やかなピンク紫色をしていて、細かい結晶が光に反射して輝いて見える。


~赤い富士山?~
・赤富士水晶(レッドファントム水晶)¥2,750
意味:精神力と決断力を高め、素早い判断と行動でビジネスを成功に導くといわれています。

鉄などの成分が層状に内包物として赤くなったもの。
『赤富士』といわれ昔から縁起がいいものとされている。

≪2017年2月の誕生石アクセサリー≫

2月の誕生石はアメシスト(紫水晶)です。

石言葉・・・心の平安、謙虚の石、恋愛運

古代エジプトでは装飾品や護符などに使用され、ユダヤの祭司の胸当てにある12の宝石の1つとして飾られている。
キリスト教の世界では『司教の石』とされている。
精神的不調を緩和し、また、隠された能力や魅力を引き出して高度なものへと導く力があると言われている。

・2月の誕生石ブレスレット
アメシスト×水晶カット×アクアオーラ×レインボーオーラ水晶 \1,940
ラベンダーアメシスト×カルセドニー×ゴールデンオーラ×スターローズクォーツ \2,620

・2月の誕生石ネックレス
アメシスト 12mm玉 約40cm  \14,500
ラベンダーアメシスト 12mm玉 約40cm  \6,350

≪2017年2月のおすすめ≫

~2つの国のアメシスト原石~
・ブラジル産アメシストクラスター \1,200
・ウルグアイ産アメシストクラスター \4,650

『クラスター』とは…英語で房、集団、群れなどを意味を表しており、アメシストクラスターに関しては複数の結晶が1つのアメシストの原石に密集しているものを言う。
その他にも水晶クラスターなどがあります。
アメシストは紫色を帯びた水晶で、濃い紫色程高品質とされていて希少価値が高いとされています。
この紫色は微量の鉄イオンが含まれている。


~健康や美容などで話題!~
・シリコン(テラヘルツ鉱)の勾玉ネックレス \1,810

テラヘルツ波という電磁波が自然治癒力や免疫力を高めてくれると言われていて熱伝導率が高く、体にあてたり身につけたりすると血行を促進し体内のバランスを整えるとされている。
勾玉以外にもブレスレットや美容アイテムのかっさプレートも取り扱っています。


~古代アンモナイトの内部~
・アンモナイト内部のネックレス \1,900
学名:デスモセラス
年代:中生代白亜紀(約1億4千万~6千5百年前)
産地:マダガスカル

写真はデスモセラスというアンモナイトをスライスし内部の構造が分かるようになっていて一風変わった珍しいネックレスです。
また表面は見る角度により虹色のような光り方をしてとても美しいです。


~アンモナイトやオーム貝の祖先~
・オーソセラス(直角貝) \1,200
年代:古生代デボン紀(5億年~2億5千万年前)
産地:モロッコ

オーソセラスはまっすぐに伸びた細長い殻を身にまとい海底に生息していた生き物で、後にアンモナイトに変化したとされている。
アンモナイトと同様に殻の中が個々の部屋に分かれていて、中の水を排出して浮力を調整しながら泳いでいたと考えられている。


~オアシスの痕跡?~
・砂漠のバラ(デザートローズ) \1,250
産地:メキシコ

砂漠などに存在していたオアシスが乾いて蒸発した後に見つかる。
結晶が集合してバラの花のように見えるのでこの名前が付けられた。
水に溶けたミネラルが結晶に成長したもので水がないところでは存在しないとされていて、砂漠のバラが出た場所は昔オアシスか湖などがあったことを物語っている。
写真の砂漠のバラは砂を含む石膏からなる結晶。

基本情報

営業時間11:00~21:00
カード利用あり
電話番号044-230-1615
住所神奈川県川崎市川崎区小川町4-1 マッジョーレ 2F