C'5 チッタが仕掛けるキュレーションパーティー!

チッタが仕掛けるキュレーションパーティー!

「CITTA’」「CLUB」「CULTURE」「CREATIVE」「COMMUNITY」の“5つのC”を取って命名された本イベント『C’5』は、“時代のムーヴメントを創り出すキーパーソンやカルチャーに敏感な大人達が集まる社交場”をコンセプトに、多彩な企画とゲストを迎えておおくりするキュレーションパーティーとして、2017年5月からスタートし、3ヶ月ごとに開催しています。

 

最新情報は公式Facebookへ

『C' 5 vol.10』#BCTION  テーマ:~WALL ARTと都市~
vol.10となる8月23日(金)においては、都市のデッドスペースをアートの観光地として蘇らせるプロジェクト『#BCTION』とコラボレーションし、‘都市文化/ART/マーケット’をテーマにスペシャルイベントを開催いたします。
 各国の都市、至るところに存在するWALL ART。その作品より放たれる熱いエネルギーとパワフルなメッセージは、ギャラリーに収まりきらずに世界中に伝播しています。国境、人種、言語、性別、ジェネレーションの枠を超えて人々を魅了し、大勢のアーティスト達に影響を与え、時代性や、経済と関係しながら常に変化してきました。

このようにWALL ARTが様々な形で社会現象として注目を浴びる中、日本では2014年に『#BCTION』がローンチされました。80組のアーティストが参加し、取り壊し予定のビル一棟全てを利用してアート観光地化させ、17日間で15,000人を動員したユニークな功績が話題となり、クリエイターやメディアをはじめ、国内にて今一番注目されているアートプロジェクトです。
 今回のC’5では、『#BCTION』のプロデューサー兼、アーティストである大山氏、嶋本氏、現代芸術家の椿昇氏や、茶人の松村宗亮氏など多数のアート関係者 をゲストとしてお招きし、日本におけるARTの可能性について語るトークセッションを開催します。日本と各国のARTシーンや都市開発の比較、そして過去のプロジェクトの紹介を通じて、今後の日本のARTを考えます。
また、会場にはWALL ARTの世界観が体感できる展示や デジタル・インスタレーション、『#BCTION』に関わりの深いアーティストを招いたDJ&LIVE PARTYも予定しております。
『C’5』×『#BCTION』がお届けするアート空間とパーティーを、是非お楽しみください。
日時 2019/8/23(金) 19:00~24:00
会場 BAR A'TTIC(クラブチッタ2F)
出演 Talk Guest:椿昇、松村宗亮
DJ:DJ koudai、DJ SUNGA
入場料 1,000円(1ドリンク付き)
※事前申込制(定員に達し次第しめきり)
※再入場可
※20歳以上
協力 株式会社エムオン・エンタテイメント
【代表的なWALL ARTアーティスト】
ニューヨーク地下鉄の広告掲示板にチョークで絵を描き、80年代を代表するグラフィティ・アーティストになったキース・へリングは、自身のポジティブなメッセージを、POPカルチャーの消費サイクルに乗せ、安価なTシャツにして大量販売し、大衆へ届けました。

00年代のポスト・グラフィティ時代のスターであるBANKSYは、匿名性を完璧に貫きながら、政治や風評批判のグラフィティを展開し、ストリートとアートマーケットの両方を引っ掻き回すような事件を起こすことで、そのメッセージを世界に送っています。

00年代後半、世界各地で開催され始めたWALL ART・フェスティバル。
マイアミの「プライマリーフライト」では、El MacRetnaのWALL ARTがアート業界を震撼させ、以降、WALL ARTはアート市場とアート観光地の両方に広く受け入れられていくこととなりました。

リオの「Favela Painting」では、街全体を巨大な一つのキャンバスに見立て、巨大なWALL ARTを共同制作する地域住民に賃金を支払い、アート観光産業の一つとして仕事を創出し、また、ハワイのカカアコ地区の「POW! WOW!」では、WALL ARTと音楽の祝祭、コミュニティスペースやワークショップなど、より豊かな地域社会作りに貢献しています。

遡れば1989年に崩壊したベルリンの壁には、大勢の市民によるグラフィティワークが、一つのWALL ARTとなって、それぞれの想いを表現していました。

Guests

椿昇

(現代美術作家)

1953年京都市生まれ。現代美術家/京都市立芸術大学美術専攻科修了。
1953年のアゲインストネーチャーに「Fresh gasoline」を出品、展覧会のタイトルを生む。
1993年のベネチア・ビエンナーレにアペルトに参加。
2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド−飛蝗(バッタ)》を発表。
2003年、水戸芸術館にて9.11以後の世界をテーマに「国連少年展」。
2009年、京都国立近代美術館で個展「椿昇2004-2009:GOLD/WHITE/BLACK」を2012年、霧島アートの森(鹿児島)にて「椿昇展“PREHISTORIC_PH”」を開催。2013年瀬戸内芸術祭「醤+坂手プロジェクト」、同2016年「小豆島未来プロジェクト」、青森トリエンナーレ2017、ARTISTS’FAIR KYOTO などのディレクターを務める。

松村宗亮

(茶道家/SHUHALLY庵主)

1975年、横浜市生まれ。英国国立Wales大学大学院 経営学科卒(MBA)。裏千家学園茶道専門学校卒。
2009年、横浜関内にて茶道教室「SHUHALLY」を開始。茶の湯をもっと自由に!もっと愉しく!というコンセプトによる活動が共感を呼び、全国の百貨店やギャラリーまた海外(ベルギー、スペイン、アメリカ、フランス、ポーランド、スイス、香港、シンガポール、韓国等)や首相公邸から招かれるなど多数の茶会を開催。
伝統文化によるチャリティイベントを主催するなど、日本文化の新たな伝統の開拓・発信に努め幅広く活動中。
(過去出演メディア:J-wave、婦人画報、NEWSZERO、TEDx、等多数)

Koudai

(tite-line | Mullet)

2000年初頭からDJキャリアをスタート。
現在に至るまで、ヒップホップカルチャーの影響の下、サンプリングソース追求への没頭を経てじわじわとダンスミュージックへと 傾向していく。
2013年より東京へと活動の拠点を移し、ハウス、テクノを往来し、時に危険なボーダーを超えつつもフラグメントしない独自のスタンスを形成。都内で「tite-line」「Mullet」のレジデントとして活動しつつ全国のダンスフロアに貢献。
2014年からはデッドスペースの新たな価値付けを目標にしたアートプロジェクト「#BCTION」で音楽要素の企画を担当。
それを皮切りに、2017年「18S/S AMAZON FASHION WEEK TOKYO」にて世界中から注目された「thibaut」の2018年「2019S/S VANCOUVER FASHION WEEK」SHOW音源を担当する。

【URL】
SOUND CLOUD

SUNGA

EEZEE主宰。
BLACK SHEEP所属。 都内を中心に全国さまざまな箱でプレイ。野外パーティでのDJプレイにも定評がある。
BLACK SHEEPでは、トリックアート美術館の廃墟や閉鎖された橋の上、秘境などを見つけ、サウンドシステムを持ち込みゼロからパーティメイクをしている。 また、毎年夏にビーチパーティ”BEACH WHISTLE”をメンバーと主催。
プライベートビーチを会場に、どこよりも自由で誰にも支配されない空間を創造。
トラック制作では、自身が主宰するレーベルCOREHEADから2枚の12inchをリリース。
ライブユニット”DELTA THREE”ではビートメイクを担当。2枚のコンピレーションで楽曲を発表した。
最近はCOREHEADのハウス、ディスコラインとなる”EEZEE”シリーズをリリース。
昨年、yudayajazzと”SEASLUG”を結成。

【URL】
https://eeezeee.bandcamp.com/
https://soundcloud.com/sunga
https://www.mixcloud.com/sunga-corehead/

#BCTION

#BCTIONは、都市のデッドスペースをアート空間として再利用し、観光地化するアート・プロジェクトである。
2014年の第一回目は、東京千代田区の取り壊し予定ビル・ニュー麹町ビルディングを舞台に、80組以上のアーティストが参加し、17日間で1万5千人もの観客が訪れた。
取り壊し予定ビルをアートの観光地に蘇らせたユニークな功績が話題となり、SNSをはじめ多くのメディアで注目を集めた。2015年、取り壊し予定の渋谷TODビルにてフリーウォールを開催。
2018年、営業中の商業施設であるMAGNET by SHIBUYA109のデッドスペースをハックし、フリーウォールとミューラルギャラリーを開催した。

【URL】
http://bction.com/

Archive

過去の開催実績

Vol.9 2019/5/31 The Second Anniversary Special ~ポールダンス・パーティ~
Vol.8 2019/2/22 LGBTと音楽
Vol.7 2018/11/30 ~緊縛とアート~
Vol.6 2018/8/31 ~新・昭和歌謡の時代~
Vol.5 2018/5/25 C'5 Vol.5 1st Anniversary
Vol.4 2018/2/23 90年代・渋谷のデザインと音楽
Vol.3 2017/11/24 Culture of Hip Hop
Vol.2 2017/8/25 ~キース・へリング ナイト~
Vol.1 2017/5/26 

Credit

チッタ エンタテイメント C'5 PROJECT

TEL 044-233-1934(平日10:00~18:30)
MAIL wakai@citta-ent.co.jp