CITTA 100周年 CITTA 100周年

100YEARS

チッタ、たった、100年。

100年前、住むところもほとんどない町に、
たったひとつの、屋根をつくることからはじまった。
寝る、食べる、笑う。
生きることをこころから楽しむという、
もっとも原始的で、もっとも困難で、もっとも刺激的な夢のはじまり。

せっかく築き上げたものが、ふたたびゼロになったときもあった。
モノが使い捨てになり、娯楽の価値が問われるときもあった。
けれど、私たちは信じつづけた。
人びとが集まる、リアルな場所の力強い可能性を。

100年、たった。でも、たった、100年。

古きよきもの、新しきよきもの。
地道な日常、やんちゃな野望。
私たちの夢は、ずっと終わらない。
私たちの理想は、想像できない場所にある。

さあ、もっともっと、こころから楽しめる世界へ。
100年目のチッタに、ようこそ。

チッタ、たった、100年。

100年前、住むところもほとんどない町に、
たったひとつの、屋根をつくることからはじまった。
寝る、食べる、笑う。
生きることをこころから楽しむという、
もっとも原始的で、もっとも困難で、もっとも刺激的な夢のはじまり。

せっかく築き上げたものが、ふたたびゼロになったときもあった。
モノが使い捨てになり、娯楽の価値が問われるときもあった。
けれど、私たちは信じつづけた。
人びとが集まる、リアルな場所の力強い可能性を。

100年、たった。でも、たった、100年。

古きよきもの、新しきよきもの。
地道な日常、やんちゃな野望。
私たちの夢は、ずっと終わらない。
私たちの理想は、想像できない場所にある。

さあ、もっともっと、こころから楽しめる世界へ。
100年目のチッタに、ようこそ。

VOICE

これまでの100年間。
チッタグループは数多くのお客様・
アーティスト・関係者のみなさまに支えていただき、
多くの想い出を育ませていただきました。
これからの100年もみなさまの想い出に残れる場所でありたい!
みなさまの想い出にしていただける感動をお届けしたいという願いを
込めて、
ココにVOICEを連載して参ります。
みなさまも是非ご参加いただけたら嬉しいです!

PARTICIPATING ARTISTS

VOICE OF ONE

さまざまな業界のアーティストのみなさまからも、
大変嬉しいことに、
チッタ100周年へのVOICEをいただきましたので、
ここでご紹介させていただきます!
これからのチッタも、
アーティストのみなさまと盛り上げていきます。

今後も続々と各方面でご活躍の
著名なみなさまからのVOICEをご紹介します!
ぜひご期待ください。

VOICE OF ONE

大槻ケンヂ

VOICE OF ONE

宇多丸(RHYMESTER)ライムスターat クラブチッタ公演(2022)

チッタグループがこの100年間(!)、日本のポップ文化史に果たしてきた貢献は山ほどあるだろうが、なかでも特に1988年にオープンしたクラブチッタが、この国のクラブカルチャー、わけてもラップ〜ヒップホップシーンの言わば「ゆりかご」として機能してきたことの意義は、計り知れないほど大きい。ありがとう! そして、今後もよろしく。

宇多丸(RHYMESTER)

VOICE OF ONE

上田慎一郎「カワサキハロウィン」特別上映会の様子(2018年)

100歳おめでとうございます!チネチッタでは監督作「カメラを止めるな!」を223日間に渡って上映して頂きました。舞台挨拶、川崎ハロウィンからの絶叫上映、年越し上映…多くの忘れがたい体験をさせて頂きました。人が集まり共に楽しむこと。共にその場を作ること。チネチッタさんから改めてその素晴らしさを教わりました。まだまだ歳を重ねてください。今後とも、よろしくお願いします!

上田慎一郎

VOICE OF ONE

川上洋平 [Alexandros]クラブチッタ公演のライブ風景(2021年)

100周年おめでとうございます。
我々はライブもですが、番組収録で毎月のようにクラブチッタに入り浸っておりました。
それにしても長い。そんな長い歴史の中に我々も音を踏み入れることができて光栄です。これからもよろしくお願いします。

[Alexandros]

VOICE OF ONE

森山達也(THE MODS)クラブチッタ公演のフライヤー(1989年)

チッタグループ、100周年おめでとう!
当時、俺達サイズのスタンディングで出来るライヴハウスが無かった時代に生まれたクラブチッタは、俺達が求めてた小屋だった。

森山達也(THE MODS)

VOICE OF ONE

平山夢明(作家)カワサキ ハロウィン2019 平山夢明セレクション「本当に怖い映画」トークショー開催風景

チネチッタがなければ今の仕事はしていなかった。
映画の魔力・魅力を骨の髄まで叩き込んでくれたのがこの都〈まち〉だった。
ボクにとって映画の都はハリウッドではなくて断然、川崎のチネチッタ。
居てくれてありがとう!

平山夢明(作家)

VOICE OF ONE

五十嵐公太(NO!RED)

チッタ100周年おめでとうございます!
JUDY AND MARY
ドラミングハイ!ほか
たくさんのライブで長くお世話になってます!
これからも地元川崎で
たくさんの笑顔が溢れるように
共に歩んで行きたいと思います。

五十嵐公太(NO!RED)

VOICE OF ONE

K-TA

チッタ100周年おめでとうございます!
川崎で生まれ、学生時代に16年間住んだ自分にとって、チッタはいつも街のシンボルでした。
クラブチッタでストリートボールリーグSOMECITYを始めて15年。
今があるのはチッタの皆さんのおかげです。
これからもみんなに夢を与え、ワクワクを提供する空間を生み続けていってください。
僕たちもチッタで最高にクレイジーなバスケットボールを発信し続けていきます!

K-TA

VOICE OF ONE

TANA

祝!100周年!
クラブでバスケを平日にリーグ開催。
何もわからなかった自分達を0からスタートさせてくれ、今なお同じ熱量でSOMECITYを創り上げてくれるCITTA’。
いつもありがとうございます!
これからも多くの人達と熱狂し、バスケットボールを日常に。
ワクワクとエネルギーを!
STREETBALL!!!

TANA

VOICE OF ONE

奥伊吹

この度は100周年、誠におめでとうございます。チッタの美しい街並みやおいしいご飯、素敵な劇場にたくさんの感動をもらってきました。私たちも川崎を拠点として活動する一員として、これからも皆様に「感動 」を届けられるよう頑張りたいと思います!

富士通レッドウェーブ #12 奥伊吹

VOICE OF ONE

内尾聡菜

この度は100周年、誠におめでとうございます。私も毎日の練習のリフレッシュとして、チッタによく訪れています。素敵な景観に加え、映画館をはじめとしたたくさんの施設もあり、とても好きな場所のひとつです。今後さらなるご繁昌とご発展をお祈りいたします。

富士通レッドウェーブ #25 内尾聡菜

VOICE OF ONE

名取さな

VOICE OF ONE

青山テルマ2014年 クラブチッタイベント出演時のフライヤー

いつもお世話になってるクラブチッタをはじめチッタグループの皆様!
100周年おめでとうございます!
100年って普通に凄すぎます。。。
次は200周年目指して、その時もコメント出せるように私も頑張ります!!
これからもエンターテイメントの世界で色んな作品を刻んで行って下さい!

青山テルマ

VOICE OF ONE

AI2012年 クラブチッタイベント出演時のフライヤー

なんと!!!100周年!?!?!すごい!!!
おめでとうございます!!!チッタでは思い出満載ですっw
挙げたらキリがありませんが、ライブはもちろんですが最近では今年の「DREAM TOUR」のダンサーオーディションやらせていただいたり、ハロウィンでチャッキーになって出たらお客様がシーンとしたり(笑)友達と普通にイベント行ったり、もう色々な思い出があります!!
ホント感謝です。まだまだお世話になると思いますのでこれからもよろしくお願いします!!

AI

VOICE OF ONE

片岡健太

全身に鳥肌を立てたライブも、感動して涙が止まらなかった映画も、初めては全てチッタでした。
大切な故郷で、これからも沢山の「初めて」が生まれますように。

片岡健太(sumika)

VOICE OF ONE

田中真宏

カワハロでは、障害者の方々が個性を活かした仮装をして、一般の方々と自然に混ざり合いながら、パレードに参加をしました。
チッタの100年は、多様な人・物・文化・習慣・価値を寛容に受け入れてきた歴史でもあると思います。
時にパンクロックなメッセージを発信しながら、多種多様な人々の笑顔とカルチャーを生み出し続けるチッタを、尊敬してやみません。

田中 真宏 (NPO法人ピープルデザイン研究所 代表理事)

VOICE OF ONE

堀 貴秀(映画監督)

チッタで塗装の仕事をしていた。
そして映画監督として舞台挨拶の待合室は自分が塗装した部屋だった。
人生どうなるか分からないけど、何か面白いことが起こりそうな場所がチッタなのです。

堀 貴秀(映画監督)

VOICE OF ONE

いとうせいこう写真は2017年、『C’5』出演時@A‘TTIC(クラブチッタ2F)

クラブチッタでは『TURN YOUR TABLE』というイベントを何度もやらせてもらいました。自分なりに日本語でラップをしていくために、その場所はなくてはならないものでした。トンがったものをチッタは自由にやらせてくれたし、スタッフが僕たち生意気なガキどもを尊重してくれているのが何よりよくわかった。大事な学校でした、あそこは。

いとうせいこう

VOICE OF ONE

樋口真嗣(映画監督)樋口監督にゲスト出演いただいた「BLADE RUNNER PREMIUM PARTY」(2017年)

シネコンという言葉が定着する前から、どこよりも早くシネコンが川崎にできた。
1987年、もう35年前のことだ。
他では真似できない唯一無二のシネコン。
独自の重低音システムLIVEZOUNDは導入を聞きつけ、すぐに行きました。控えめに言って最高です!
南武線の両端で共鳴するように響き合う重低音よ、トコシエに!

樋口真嗣(映画監督)

VOICE OF ONE

李相日(映画監督)李監督にゲスト出演いただいた「チネグランデ」閉館記念トークイベント(2011年1月)

若かりし頃、映画はほとんどチッタで観ていました。人生の中で一番多く、一番多感に映画を浴びていた時代。その頃に形成された土台が、今を支えてくれています。だから、チッタは僕にとっての「HOME」とも言えます。100年もの間、数え切れないほどの人々に喜びを与えてきた場所。文化の熱源の、まだまだ続くその歴史の1ページに、これからもささやかながら貢献できれば嬉しく思います。

李相日(映画監督)

VOICE OF ONE

宮沢和史(音楽家)

クラブチッタで歌った記憶、ここで観た数々の名演、今も鮮やかに覚えています。
最近では『はいさいFESTA』で沖縄民謡の舞台をオーガナイズしています。
これからも川崎から文化を発信するお手伝いができたら本望です。 

宮沢和史(音楽家)

VOICE OF ONE

坂口佳穗(元ビーチバレーボール選手)

元ビーチバレーボール選手の坂口佳穗です。この度は100周年おめでとうございます!朝の気持ちの良い日差しの中解放的な気持ちになれるチッタの雰囲気や、四季によって様々なライトアップがなされるチッタの夜のイルミネーションはとても魅力的で、チッタは私にとって歩くだけで気持ちが前向きになれるそんな場所です。
これからもチッタでたくさんの思い出をつくりたいです。

坂口佳穗(元ビーチバレーボール選手)

VOICE OF ONE

DJ OSSHY

川崎から産声をあげたディスコ・イベント「80sナイトフィーバー」は、今や日本を代表する「老若男女型ディスコ・イベント」として、日本の夏の風物詩に成長しました。差別や偏見の歴史でもあった、ディスコ・エンターテインメントを、一時のブームではなく、文化に、人々の生活習慣に、根づかせてくれた会場。それがチッタグループです。創業100年の偉大なる歴史の中で、その10分の1の年月、10年間をご一緒させていただけていることを、大変光栄に思っております。子供たちからお年寄りまで、老若男女が、安心・安全、健康的に楽しめるディスコ・エンターテインメントの普及には、チッタグループ無しにはあり得ません。今後のさらなる発展と繁栄を心から祈念いたしております。

DJ OSSHY

VOICE OF ONE

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)

僕がカワサキ ハロウィンで毎回お世話になっていた、チッタグループが100周年と聞いて、歴史を調べてみたら日本のエンターテインメントを色々な形で牽引してきたことを知って驚くことばかり。コンテンツを作る僕らクリエーター側も頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)

VOICE OF ONE

川崎市民歴23年の映画監督・中野量太©弦巻 勝

祝100周年!僕の商業映画デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』を、チネチッタで上映して貰えた喜びを今でも覚えています。
この先また100年、映画館が人々の感動と気づきと憩いの場であり続けることを心から願っています。

川崎市民歴23年の
映画監督・中野量太

VOICE OF ONE

HYDE

100周年おめでとうございます。
チッタがなければ
僕のハロウィンパーティーも
なかったかも!!

HYDE

VOICE OF YOU

みなさまからの想い出も
Twitter / Instagramで随時募集中です。
お寄せいただきました素敵な投稿は、
こちらの特設サイトでご紹介させていただきます。
ぜひご参加ください!

  • Twitter投稿 Twitter投稿

期間限定

チッタグループ100周年記念!
フォトコンテスト開催!

過去の時代の一瞬を切り取った“チッタの想い出写真”や
現在の“チッタのベストショット”などなど。
皆さんの心の琴線に触れる“チッタの写真”を、
撮影時のエピソードやメッセージを添えて送って下さい!

審査員は私たちチッタの社員です!
“テクニック”だけではなく、
写真の奥に広がる“ストーリー”にも注目します!

・おじいちゃんがタンスにしまっていた写真、もしかしてチッタかも?
・何度も通ったあのイベント、お気に入りの写真あります!
・いつも行くランチの名店。会社のみんなと一緒にパチリ。
・はじめてのデートはチッタでした。同じ場所で撮ってみたよ。
・今度の週末、友達とアニメを見に行くとき撮ってみようかな・・・

などなど、InstagramまたはTwitterでチッタでの
とっておきの写真を募集!

投稿いただいた方のなかから抽選で20名様に豪華賞品をプレゼント。
当100周年特設サイトや施設でご紹介します。

優秀賞

賞金 100,000円×1名様

入賞

Amazonギフト券 5,000円分×20名様

参加方法

STEP_1

Follow!

投稿いただいたアカウントから、チッタ公式アカウントをフォローしてください。

ラ チッタデッラ公式アカウント→ Twitter Instagram

※公式アカウントのフォローは、当選時のご連絡の際に必要となります。

STEP_2

Tweet!Post!

「 #チッタ100周年 」

をつけて投稿!

ご自身のアカウントで「#チッタ100周年」をつけて、
チッタで撮影された写真とエピソードを投稿してください!
素敵な写真をお待ちしております。

キャンペーン応募規約

ご投稿いただける方はこちら

Twitterはコチラ

Instagramはコチラ

参加規約

はじめに
株式会社 チッタ エンタテイメント(以下、当社)が実施する「『チッタグループ100周年記念!フォトコンテスト』(以下、本コンテスト)に応募される方は、あらかじめ以下の内容をよくお読みいただき、同意の上、ご応募ください。ハッシュタグ「#チッタ100周年」を付けて応募された場合には、応募規約に同意したものとみなします。

■キャンペーン概要

チッタにまつわる写真にエピソードを添えて、Instagram又はTwitterでご応募下さい。応募作品の中から、合計20名にAmazonギフト券5000円を、優秀賞1名に10万円をプレゼントいたします。

■応募期間

2022年8月9日(火)0:00 ~ 2022年9月19日(月・祝)24:00

■応募資格

  • ・本規約に同意いただける方
  • ・未成年の方は、本規約内容及びご応募されることについて法定代理人の事前の同意がなければご応募いただけません。ご応募された場合は、法定代理人のご同意があったものとみなします。
  • ・個人でInstagram又はTwitterのアカウントを有し、公開設定にされている方。
  • ・当社のInstagram公式アカウント(@cinecitta_lacittadella)又はTwitter公式アカウント(@la_cittadella)をフォローしていること。(入賞及び優秀賞選考時にフォローが外れている場合、返信ない場合は、入賞が取り消されますのでご注意下さい。)
  • ・連絡先及び賞品の送付先、賞金の振込先が国内の方
  • ・当社及び本コンテストの関係者以外

■応募方法

当社のInstagram公式アカウント(@cinecitta_lacittadella)又はTwitter公式アカウント(@la_cittadella)をフォローした上で、チッタにまつわる写真にエピソードを添え、「#チッタ100周年」のハッシュタグをつけて投稿して下さい。
※指定ハッシュタグがない、または完全一致しない投稿は、応募受付システムの仕様上、抽選対象外となります。#,100は半角ですのでご注意ください。

■ご応募に関する注意点

  • ・応募作品については、応募者ご自身が撮影されたもので著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するもの、および被写体の肖像権など、他者の諸権利を含む作品のうち、権利者の承認を得たものに限らせていただきます。本コンテストの応募投稿に関連して応募者と第三者との間に紛争が生じた場合に、 応募者は自身の責任と費用で当該紛争を解決するものとし、当社に一切損害を与えないものとします。万一当社に損害を与えた場合、当該応募者に対し、損害賠償の請求ができるものとします。
  • ・応募者は、本コンテストへの応募をもって、当社が、投稿データその他の投稿内容を応募者の事前の承諾なく、当社が管理するWebサイト、アプリ、SNS 、その他の広告媒体(日本及び世界を含む)に転載し、または、複製、編集、加工(切り貼りすることや、他の素材と組み合わせて使用する場合を含む)することを、無償で許諾するものとします。
  • ・本コンテストへのご応募、お問い合わせに伴う通信料等は、応募者のご負担となります。
  • ・本コンテストの内容に関して、予告なく変更・またはやむを得ず中止される場合がありますのであらかじめご了承ください。この場合、当社は本コンテストの変更や中止に関連して、いかなる個人・法人に対しても一切責任を負いません。本コンテストに参加したこと、または入賞したことに起因するいかなる損失、負債、被害、費用、その他の申し立てについて、当社は一切責任を負いません。
  • ・当社はInstagramポリシー・ガイドライン、Twitterルール・ガイドラインに準拠し、ルール違反が認められた場合は本コンテストにおける入賞資格を無効とさせていただきます。事前によくご確認の上、ご自身の責任においてご投稿ください。応募投稿の結果、アカウントが停止される等のペナルティが課せられた場合も、当社は一切の責任を負いません。
  • ・本コンテストはInstagram/Twitterの提供・協賛によるものではありません。

【ご入選について】

■発表時期

募集開始から9月30日までに、合計20名の入賞作品を選出します。また、10月初旬頃に入賞作品の中から優秀賞1名を選出して、チッタ100周年公式サイトにおいて発表します。

■賞品

① 優秀賞(1名様) 賞金 10万円 (1名様)
② 入賞(20名様) Amazonギフト券5000円

入賞された方には、当社の公式HP掲載前に、当社の公式Instagram又はTwitterアカウントのダイレクトメッセージからお知らせいたします。 公式アカウントのなりすましアカウント(以下「なりすましアカウント」といいます)による被害を防止するため、ダイレクトメッセージ等が当社のInstagram公式アカウント(@cinecitta_lacittadella)又はTwitter公式アカウント(@la_cittadella)によるものであることをよくお確かめください。

入賞通知受信後、7日以内に、ご連絡先、賞品お届け先、振込先等、必要事項を指定の方法でご連絡ください。期限内にご連絡いただけない場合は、入賞を無効とさせていただきますのでご注意ください。賞品の発送及び賞金の振込先は日本国内に限ります。また、源泉徴収すべき所得税については日本国内の法律に準拠します。
入賞の権利は投稿したご本人のみ有効です。入賞者の権利の譲渡・換金はできません。

■禁止事項について

本コンテストへの応募に際し、以下の行為を禁止いたします。当社において、以下の行為があった判断した場合、予告なく応募を無効とし、入賞資格を失うことがあります。

  • ・複数アカウントによる応募。
  • ・本コンテストと全く関連性のない内容の投稿
  • ・本コンテストの適正な運営を妨げるもの。またその恐れのあるもの。
  • ・第三者を誹謗中傷し、プライバシーを侵害するもの。またその恐れのあるもの。
  • ・第三者の権利を侵害するもの。またその恐れのあるもの。
  • ・公序良俗に反し、または反するおそれのあるもの。 法令などに違反し、犯罪行為に結びつくもの。またその恐れのあるもの。
  • ・その他上記に準ずる行為。

■免責事項

本コンテストへのご応募は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、ご応募に際して応募者に何らかの損害が生じた場合、当社の故意または重過失に起因するものを除いて当社はその責任を一切負いません。また、当社に故意または重大な過失がある場合も、当社の賠償義務は、直接、通常かつ現実に生じた損害に限られます。
当社は、以下事由により本コンテストの一部またはすべてを変更・中断あるいは中止または終了した場合に生じた損害について、一切の責任を負いません。

  • 1.Instagram及びTwitterが提供するサービスのメンテナンスや不具合が発生した場合
  • 2.火災、停電または通信環境の悪化等の非常事態が発生した場合
  • 3.地震、噴火、洪水、津波等の天災地変、感染症の蔓延 、暴動、労働争議、官公署の命令等による場合
  • 4.その他、本コンテストの開催、継続が困難であると当社が判断した場合

■個人情報の取り扱いについて

本コンテストで取得した個人情報は、当社の個人情報保護方針に基づき安全かつ適切に管理いたします。個人情報は、入賞者への賞品の発送、賞金の振込み、諸連絡に使用する他、個人を特定しない統計的情報に利用させていただくことがあります。 個人情報は、本コンテスト業務の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合や、法令に基づき要求される場合を除き、応募者の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。その他の個人情報の取扱いに関しては、当社公式ホームページの個人情報保護方針(https://lacittadella.co.jp/sitepolicy/privacy/)をご覧ください。

■準拠法・管轄裁判所

本コンテストおよび本規約に関する事項には日本法が適用されます。本コンテストに関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

■運営

本コンテストの運営の一切は、当社が行います。当社は、必要であると判断した場合、自由に本規約の内容を変更するほか、当コンテストの適正な運営のために必要な対応をとります。本コンテストの運営に関し、応募者は一切の異議を申し立てないこととします。

■お問合せ先

ラ チッタデッラ広報宣伝室 044-233-1934(平日10:00~18:30)

HISTORY HISTORY

HISTORY

1922年(大正11年)より、
さまざまな時代の変化や
流行の移り変わりに対応しながら、
一貫して映画館運営を軸に
100年の歴史を刻んできた
チッタグループの成長の物語

第1章 チッタ創業

第2章 川崎進出

SINCE 1922→2022

TOPICS

100周年企画、ゾクゾク開催中!

MISU ALESSANDRO MISU ALESSANDRO

MISU ALESSANDRO

株式会社 チッタ エンタテイメント
代表取締役社長 美須アレッサンドロ

MISU ALESSANDRO

株式会社 チッタ エンタテイメント
代表取締役社長 美須アレッサンドロ