チッタグループ(社長)のメッセージABOUT CITTA’GROUP

刺激的な日常を追求し、'チッタグループ'として何が提供できるのか

株式会社 チッタ エンタテイメントの歴史は1922年都内日暮里から始まり、その後川崎に拠点を移し、その街づくりにも関わらせて頂くようになって早80年近くになりました。
創業者の創業時の想いは、生活に必死だった当時の庶民に、銭湯や寄席や映画館など、一時の安らぎの場を提供したいということでした。その後、時代は変わり街は進化を続け、いつしかモノが溢れる世の中になりました。そのような時代の変化とともに、私たちは少しずつ事業の方向性を、一時の安らぎの提供から、ライフスタイルやカルチャーの提案、発信へと移して参りました。そしてその方向性は今も変わりなく、どうしたらもっと刺激的な日常を皆さんにお届けできるのかを日夜考え続けています。

川崎で私共“チッタ”は、他とは一線を画した、ある意味“浮いた”存在でいるべきだと考えています。刺激的な日常の提案を使命とする限りリスクは付き物で、チャレンジした結果の失敗は寧ろ称賛されるべきだと捉えます。
当社はお客様に何が受け入れられるか、と問うのではなく、チッタとして何を受け入れてもらいたいのか、を考える会社です。
こんな風にお客様に過ごしてもらいたいというおせっかいな提案を、信念をもって実行し続ける会社です。

株式会社 チッタ エンタテイメント
代表取締役社長 美須アレッサンドロ